アフターピルと低用量ピル・使用意識の違い

緊急避妊薬であるアフターピルや、避妊ピルとして人気の高い低用量ピル。
この二つを使用するにあたって、どのような意識を持って服用すべきなのか。
アフターピルと低用量ピルの意識すべきことの、違いについて考えてみましょう。
まず低用量ピルの使用するときの意識についてのご紹介です。
低用量ピルの場合は避妊をしたいという目的だけでなく、生理不順の改善、生理痛の緩和、不妊治療にも使用する場合があります。
服用するときの意識は、当然目的によって違いますが、避妊目的の場合に意識すべきことは生理が始まったら、そのタイミングで飲み始めるなど正しい飲み方が大切です。
きちんと飲むことでしっかり避妊することができますが、飲み忘れなどによって失敗してしまうこともあるので注意しなければなりません。
他に生理トラブルの改善のためや、不妊治療の一環として服用するときの意識としては、医師指導に従うことが重要です。
そしてアフターピルの場合は、できるだけ飲まないようにすることも大切です。
避妊をしてなくても、生理の後でも避妊ができるというと、とても便利なイメージがありますが、体にはとても負担をかけるため、どうしてもというときに以外服用しないということが基本です。
避妊を考えているなら副作用がとても弱い、低用量ピルを日常服用するようにして、アフターピルは通常服用しないことが基本です。
何かの犯罪に巻き込まれたり、コンドームが破れてしまったりなどの場合のみ使用したいものです。