アフターピルと低用量ピル・期間や成分の違い

アフターピルは緊急避難的に使用するピルで、日常的に使用するものではありません。
逆に低用量ピルは避妊のためには、日常的に使用することが重要です。
この二つのピルの目的は避妊であっても、使うタイミングがまったく違います。
アフターピルの効果はとても便利なものですが、やはり副作用、体への負担などが多いことから日常的に使用するものではありません。
まずアフターピルと低用量ピルの成分の違いは、アフターピルの代わりに中用量ピルが使用されていることでも分かるように、アフターピルは低用量ピルより人工女性ホルモンの含有量がずっと多いということなのです。
特にアフターピルは人工エストロゲンを多く含有させることで、急激に生理を起こすようになります。
逆に低用量ピルは体への負担が少なく、人工エストロゲンの量は避妊効果に影響がない最低限度の量となっているのです。
また飲む期間としては、低用量ピルは生理スタートに飲み始めて21日間続けます。
これを繰り返すように、日常的に飲み続けることになるのです。
それに比べてアフターピルの場合は、避妊をしなかったセックスの後、72時間、120時間など薬剤によって違いますが、指定の期間の間に1回、指定の錠数を飲むだけ。
またタイプによっては、1回目の服用から12時間後にもう一度服用するタイプの薬剤もありますが、特に日常的に飲み続けるものではなく1~2回の服用となります。
このように成分、飲み方ともに、アフターピルと低用量ピルはまったく違うのです。