低用量ピルとアフターピルの避妊確率の違い

低用量ピルもアフターピルも避妊のために服用するものですが、服用の理由は違います。
低用量ピルは日常的に避妊をするもの。
アフターピルは避妊できなかった性交渉の後で、すぐに摂取して避妊するものという別の目的です。
しかし不妊確率はとても気になるところです。
まず低用量ピルは生理初日から飲むことが条件です。
1日遅れてしまったら、飲み始めから2週間後からしか避妊効果はありません。
そのためきちんと服用をしなかったり、避妊可能時期の勘違いなどで、その確率は0になってしまうこともあるのです。
このような失敗がなければ、低用量ピルの避妊効果は約100%と言われています。
そのため低用量ピルでしっかり避妊をするなら、きちんと正しい服用が条件となるわけです。
低用量ピルは世界中で、安全で効果が高いことから避妊の主流となっています。
その上、生理不順などの治療にも使用されているおすすめの避妊薬です。
またアフターピルの場合は、メーカーや種類にも多少の違いがあります。
そして性交渉から規定の期間までに飲むことが条件です。
また2回飲む薬剤もあるので、それぞれの薬剤にあった飲み方をしなければ避妊に失敗することもあります。
そのためもし避妊に失敗したら、早めに医師に相談するようにしましょう。
しっかりと条件どおりに服用した場合の避妊率は、95%とも言われています。
ただし無理に生理を起こさせるという方法なので、体に負担が大きいため副作用も強く、体のことを考えると、本当にいざと言うとき以外は使用しないようにしましょう。