アフターピルと低用量ピル・効果の違い

アフターピルと低用量ピルは、それぞれ使用するタイミング、服用方法なども違い、当然効果も違ってきます。
アフターピルは、もともと日常的に使用するためのピルではありません。
ピルはもともと女性の意志で、女性が主導でできる避妊のための方法です。
アフターピルももちろん女性の意志ですが、性交渉を女性の意志でなく行うことになってしまった場合などは、性交渉の後で女性の意志で避妊をすることのできるピルです。
そのため、とても不自然に人工的に無理矢理生理を起こさせるという効果があり、それによって妊娠できないようにする働きがあるのです。
そのため体への負担も当然大きく、副作用もあります。
それでも絶対に妊娠したくない女性にとっては、避妊効果が期待できるピルです。
ただし100%の避妊はできません。
それに比べて、しっかり服用方法を守れば100%避妊ができるのが低用量ピルです。
低用量ピルの場合は、避妊したいと思っている女性にとっては、日常的にうれしい成功率となります。
ただし飲み方が正しくないと、思わぬ失敗をしてしまうので注意が必要です。
また副作用もアフターピルよりずっと少ないと言われています。
そして生理痛や生理不順など、ホルモンバランスの乱れを改善するためにも使用されています。
他にも子宮内膜症などで悩む人は、子宮内膜の増殖を抑えることができるのです。
このようにアフターピルと低用量ピルでは、同じピルでもまったく効果も副作用も違います。