アフターピルと低用量ピル・使用中の出血

アフターピルや低用量ピルを使用すると、出血が見られることがあります。
そんな出血の理由の違いなどについてのご紹介です。
アフターピルは避妊に失敗したときに、性交渉の後に服用するピルです。
効果は100%ではありませんが、妊娠を阻止する可能性はとても高いといわれており、人工的にホルモンバランスを崩すため副作用もあると言われています。
性交渉の後、生理を起こさせるというもので、人工的に無理に女性ホルモンをコントロールさせます。
生理になった状態にするため、生理出血が見られるのが当然です。
逆に生理出血が服用後3週間たっても見られないときには、妊娠している可能性もあるので病院に相談しましょう。
また低用量ピルの服用中に起こる出血の場合は、不正出血ということになります。
低用量ピルは生理が始まったタイミングで飲み始めるので、生理の出血は当然あります。
しかし子宮内膜がきれいに排出される前にホルモンバランスが変動したときには、子宮内膜がゆっくり排出されていくので、生理がダラダラ続くと感じることがあります。
アフターピルと違い、低用量ピルの場合は妊娠している可能性はありません。
もし受精したとしても、すべて出血して流れてしまいます。
1カ月間は心配せず様子を見ましょう。
しかし生理が終わってから数ヶ月たっても不正出血が起こることがありますが、そのときでも数日で止まるようなら問題はありません。
それ以上に不正出血があったときには、医師に相談してみましょう。