アフターピルと低用量ピル・副作用の違い

アフターピル自体にたくさんの女性ホルモンが含有しており、それによって体内の女性ホルモンを急激に増やします。
そして人工的に生理を起こさせます。
避妊の失敗や妊娠したくない突発的なセックスがあった場合、すぐに72時間(薬剤によって違います)の間に飲むと、避妊の可能性が高くなるというものです。
逆にいうと72時間過ぎると吐き気などが強くなり、吐きだしてしまうこともあり、当然妊娠の可能性も高くなります。
それでは、避妊しなくてもアフターピルをセックスの後に飲めばいいのかと思う人もいるかも知れません。
しかしアフターピルを何回も飲むことは絶対に避けたいことであり、楽観的に考えないことが大切です。
アフターピルの副作用は頭痛、腹痛、胸の張りの他にも、吐き気や嘔吐など強い場合も。
女性ホルモンを人工的に体内に入れるということは、とても負担がかかり、そのリスクはとても大きいと考えましょう。
それに比べて低用量ピルは、今まで副作用のあった中用量ピルや高用量ピルと違い、含有女性ホルモンはとても低量でホルモンをコントロールすることができるため、副作用はほとんどないのです。
もちろん人によって、たまに軽い吐き気や頭痛がありますが、体が慣れれば特に問題ありません。
アフターピルは、中絶手術を行うより体にかかる負担は少ないとされていますが、それでも何度も使用しても問題ない薬では決してないので、本当にどうにもならなくなったときの最終手段として使用するのが望ましいといえます。