アフターピルと低用量ピル・購入方法の違い

アフターピルは現在日本では未承認薬剤です。
そのためドラッグなどで簡単に手に入れることはできません。
医療機関での処方が必要となり、現在はプラノバール錠とノルレボ錠の2種類となっています。
この2つは日本では唯一承認されている、緊急的に使用するための避妊薬となっているのです。
どちらも病院の医師の指導を受けて購入することが必要となります。
扱ってない病院もあるので、まず電話をして確かめることをおすすめします。
ただし海外では特に未承認ではないため、個人輸入代行業者や海外の業者を利用することもでき、ネットなどでも購入も可能ですが、自己責任を自覚して購入することが必要です。
また注文してから届くまでに時間がかかることもあるので、緊急を要する使用には間に合わない可能性もあります。
やはり緊急のときには、近くの産婦人科などの医師の元へ行くことが一番安全です。
低用量ピルの場合も、基本は産婦人科や婦人科など、医師の処方によって購入することが基本です。
妊娠、授乳しているか、喫煙しているか、高血圧ではないか、過去にかかった病気、今現在飲んでいる薬、手術歴、頭痛や偏頭痛の有無、不正出血はないか、家族に乳がん・子宮がんの人はいないか。
重要な問診があり、現在の健康状態を把握した上でその人にあったものを処方します。
まだ薬事法上は医師の処方が必要になるので、ドラッグでは購入できません。
しかし個人輸入などや海外に会社のある業者などによる、ネット販売でも購入できます。
病院で購入するのが面倒な人はネットを利用していますが、ネットは便利なだけでなく価格もリーズナブルとなっています。
こちらも自己責任ということは忘れないようにしましょう。