アフターピルの通販と処方の違い

アフターピルはドラッグなどの市販では購入されておらず、医師の処方による購入となっています。
しかしネット通販であれば、個人輸入業者や海外の業者などから購入することができるのです。
その上、医師から購入すると「ノルレボ」と、低用量ピルより女性ホルモンが強い中用量ピルの「プラノバール」の二つしかなく、効果の高い「ノルレボ」の場合、1回分が10,000円~15,000円程度と、とても高額になります。
ネット通販であれば医師の処方と違い、「ノルレボ」でも3,000円台で購入できるので、どうしてもネット通販での購入を考える人も多いのではないでしょうか。
「ノルレボ」は1錠1箱約3,300円~3,500円程度。
また「ナイピル」はノルレボのジェネック約で1錠1箱500円台からあります。
同じくノルレボのジェネリックである「アイビル」は1錠1箱800円台からあるのです。
他にも「エラ」はセックス後5日間以内、つまり120時間以内に服用すれば避妊ができると言われているもので、95%以上の避妊効果が見られるタイプで、1錠1箱約5,000円~6,000円とお安くなっています。
他にも「アンウォンテッド72」はマンカインドファーマが開発したアフターピルで、セックス後24時間以内であれば95%の避妊効果が期待されるもので、約1,500円前後で購入できます。
他にも「マドンナ」は2錠1回分1箱約1,000円前後となっています。
セックス後72時間以内に飲むことで避妊がしっかり行えるというものです。
「ポスティノール」も2錠1回分1箱約1,000円程度でバーゲンしています。
このようにどれも医師の処方の10分の1程度の低価格で購入できるのです。