低用量ピルの飲み方 服用の方法と飲めないケース

生理が来たのに妊娠することがあると聞きましたが・・・

更新情報記事一覧

妊娠の初期症状であげられるのは下腹部の痛みや日中でも起こる眠気、頭痛や吐き気や体のだるさなどがあります。これらの妊娠初期症状がいくつも表れれば、妊娠かもしれないと思い当たるでしょうが、妊婦さん全員がこれらの妊娠初期症状を体験するというわけではないのです。妊婦さんの中には初期症状を大して感じることもないまま、生理の遅れが気になっただけで検査薬を試してみたら妊娠が発覚して驚いたという方もいらっしゃいま...

生理が遅れているというだけでは妊娠なのかただの生理不順なのかは、きちんとした検査をしなければ分かりません。妊娠していたとしても生理予定日辺りで出血する場合もありますから、日ごろから生理不順気味な体質だと、妊娠なのか生理なのか判断に迷うでしょう。妊娠なのか生理なのか少しでも明らかにするために、毎日自分の体温を計り、変動を知っておくといいでしょう。基礎体温を毎日つけて高温期と下がる時期を知っておき、妊...

おりものというのはケアが面倒なのでうとまれがちな生理現象ですが、雑菌から体を守るという大役を担っているのです。おりものは個人差があり量も質も誰しもが同じではないのですが、体調や体の変化によって量や質も変わるので、体調を計る為の目安ともなりますよ。女性なら実感することですが、生理前はおりものの量がグッと増えます。女性ホルモンの変化によっておりものも変化しますので、ホルモンバランスが崩れる妊娠中にもお...

生理が遅れると妊娠したのではないかと思う方も多いでしょうが、生理の遅れは妊娠以外が原因となることも多々あります。ストレスを受けた体のホルモンバランスが崩れ生理不順が起こることもあり、現代社会ならではの症状だと言えます。数日程度の生理の遅れであれば珍しくないことなのです。生理の周期が基本的に一定だという女性でも、生活習慣が乱れたり強いストレスを感じることで生理が遅れるというケースもありますよ。なので...

ずっと赤ちゃんを待ち望んでいる夫婦にとって、妊娠検査薬での陽性反応というのはとてつもなく嬉しいもので、気持ちだけ先走ってしまいそうですよね。だからこそ、妊娠検査薬で陽性が出た後に生理のような出血があると、大きなショックを受ける方もいるでしょう。検査薬で陽性が出たハズなのに生理になるなんて驚きますし、検査薬が間違いだったのかと混乱する方もいると思います。実はそのようなケースは珍しくなく、検査薬の間違...

生理痛が重いほど妊娠しにくい、という噂もあるようですが、真実でしょうか。答えはノーです。真実ではありません。重い生理痛と妊娠しにくい体質というのは因果関係は明確にされていません。酷い生理痛の原因が子宮内膜症であるケースもあり、この子宮内膜症になっている方の半数程が不妊症と診断されているという事実があるので、それらが噂の元となっているのかもしれません。冷え症と生理痛の重さが関係することもありますが、...

下腹部痛は妊娠中に起こる症状の1つです。妊娠経過と共に子宮は少しずつ大きくなっていくので痛みを伴い、その痛みが生理痛に似ているのです。妊娠の初期段階でこの痛みを感じる妊婦さんは多く、だいたい役1ヶ月ほどで治まるケースが多いようです。今まで生理痛が無かったという女性にとっては不安にもなる痛みかもしれませんが、我慢できる程度だとか、動ける程度の痛みであればあまり心配はいりません。痛みの頻度については個...

授乳期間中というのは生理が無い、なので妊娠もできないという噂がありますが、これは大きな間違いですよ。一昔前、産後1年ほど生理が再開しないという女性が多かったのでそのような噂が出たようですが、食生活が改善された現代では、産後の状況も変わってきています。母乳が出ている間に生理のプロセスが抑えられるというのも嘘ではありません。赤ちゃんが母乳を飲むために乳房を吸うと、その刺激で「プロラクチン」というホルモ...

生理痛の症状として頭痛が起きる方もいらっしゃいますが、妊娠との頭痛についてはあまり知られていません。妊娠中の頭痛はホルモンの変化が関係しているようですが、今もまだ妊娠と頭痛の因果関係ははっきりしていないのが現状です。しかし妊娠して妊娠初期に頭痛を感じたという方は多いのです。実は頭痛はつわりと同様、妊娠初期症状の代表的な症状の1つで、妊娠初期から中期にかけてよく現れるものなのです。後期に近づくにつれ...

妊娠したとたん生理は無くなるものですが、妊娠初期段階の生理予定日前後に出血があったというケースは報告されています。この出血を生理と捉えたために妊娠に気づくのが遅れたという方もいますし、生理がきたから妊娠ではなかったんだと思ってしまう方も多いようです。妊娠中に表れる出血症状は、「月経様出血」と呼ばれ、「着床出血」とも呼ばれているものです。この出血は受精卵が着床できた際の出血であり、受精卵が根付いた証...

生理はあったはずなのに妊娠していて驚いたという話を耳にすることがありますが、これは真実ではありませんよ。その出血が生理だったのだとしら、人の体の作りから言っても妊娠していることはありえません。ではあの出血は何だったのかと思いますよね。その出血は生理だったのではなく妊娠した際の着床出血だったというケースかもしれません。つまり、着床出血を生理と勘違いしていて、本当は妊娠だったというのが正しいのです。普...

生理前の症状と妊娠初期の症状はとても似ているため、妊娠の初期の中の初期ではとても判断はつけられないでしょう。女性ホルモンというのはとてもデリケートなもので、メンタル面にも影響されやすいのです。妊娠したいと強く願い続けるうちに、実際は妊娠しておらずともつわりのような症状や胸のハリなどの妊娠初期に見られるサインが出てくることがあります。これは「想像妊娠」と呼ばれる症状です。想像妊娠になると、妊娠初期の...

同じ週数で同級生のはずなのに我がは他の子よりも小さいみたいだとか、発育の遅さが気になると心配するママもいるようですが、発育が遅れというわけでもないようで、生理周期によるものの場合が大きいですよ。「妊娠何ヶ月」という数字を、パートナーと仲子作りをした日からの数字だと思っている方がほとんどですが、これは間違いですよ。妊娠週数というのは、最後にきた生理の第1日目からカウントするのが正解です。一般的に、生...

歳をとると赤ちゃんを授かりにくいとか、妊活の成果が中々見られないというケースも増えるようです。生理周期や排卵日をしっかりチェックして、妊娠できる絶好のタイミングを計るために計画を立てている方もいるようですが、体内のメカニズムを知ると同時に、妊娠しやすい体質を目指すというのも大事ですよ。妊娠しやすい体質作りのためにまず重要となるのは、栄養がしっかり摂れるバランスの良い食生活です。卵巣や子宮といった内...

出産して授乳が始まると妊娠しないという説がありますが、それは間違いです。確かに授乳期間中に排卵を抑制するメカニズムとなります。けれどもそれは「抑制」されているだけで、排卵や生理が完全に止まっているわけではないのです。特に栄養状態がとても良いママであれば、授乳中でも生理が再開したというママは多いのです。生理の有無だけで妊娠するかしないかが決まるのではなく、目に見えない体内で排卵されているかどうかも大...

妊娠中には普段以上に自分の体の微妙な変化や些細な違和感にも敏感になりましょう。特に妊娠の初期というのは流産が起こりやすい時期なので無理をしないことが大事です。妊娠初期には、子宮が大きくなるにつれて少し下腹部が痛むということもありますが、この痛みは少しずつ治まっていくものなので大丈夫ですよ。妊娠してからしばらく経っても生理痛に似た下腹部の痛み治まらなければトラブルのサインかもしれませんので、かかりつ...

日本では避妊用ピルに関してまだまだ誤解が多いため、服用について不安があるという方も多いようです。ここでは、妊娠とピルに関する質問をとりあげてみます。まず、避妊するためのピルを長い期間飲んでいると妊娠しづらい・妊娠できなくなるのではないかと不安を抱えている方もいるようですが、その心配はありませんよ。実際、それまで飲んでいたピルをストップして99%もの女性が、6ヶ月以内に生理が再開したという報告があが...

「子宮外妊娠」というのは、受精卵が子宮以外の場所に着床してしまう症状のことです。子宮外妊娠になってしまうと、妊娠の初期症状と似たような症状が現れるので、通常の妊娠と素人では見分けがつきません。そして子宮外妊娠だと気づかないままにしてしまうこともあるのは厄介です。子宮外妊娠では妊娠検査薬でも見分けることはできず、通常のように陽性反応が出るので、とうてい判断できるものではありません。子宮以外の場所では...