ピルの種類と効果

ピルの種類と効果

避妊するための薬であるピルには幾つもの種類があり、日本でも何種類ものピルが認可され購入できるようになっています。

 

 

ピルの主成分は2種類の女性ホルモンです。

 

主成分となる2種類の女性ホルモンとは卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。

 

 

卵胞ホルモンとして含まれているのは「エチニルエストラジオール」という成分だけですが、黄体ホルモンとしては「ノルエチステロン」や「デソゲストレル」や「レボノルゲストレル」や「ドロスピレノン」の4種類もの成分が配合されています。

 

 

また、黄体ホルモンの種類は「第1世代」「第2世代」「第3世代」といった風に分類されますし、さらに配合量によっても「1相性」「2相性」「3相性」というふうに分類されます。

 

 

日本で一般的に普及しているのは「第2世代3相性」のピルです。

 

製品名をあげると「アンジュ」「トリキュラー」「ラベルフィーユ」といった製品です。

 

 

ご紹介したピルの働きには、子宮の内膜を安定させるというものもあるのだそうです。

 

なので、他の低用量ピルと比較して不正出血の頻度を減らせるという効果もえられます。

 

 

また「オーソ」というピルも注目されています。

 

こちらは第1世代の1相性に分類されるピルで、他の低用量ピルと比べて出血の頻度を大きく減らす効果が高いのです。

 

出血量を大幅に減らせるので、子宮内膜症という病気の治療にも取り入れられるのだそうです。

 

 

さらに、オーソの魅力的な効果として、生理通を和らげるというものもあります。

 

ホルモン量が一定に整えられるので精神安定をもたらすという効果も期待できます。

 

毎回の月経で生理痛や体調不良になって悩んでいるという方にオススメのピルだといえるでしょう。