低用量ピルで生理痛を軽減

低用量ピルで生理痛を軽減

多くの女性が生理通に悩まされているのではないかと思います。

 

生理前には気分が不安定になったり、生理が始まると吐き気や頭痛や腹痛が起き、あまりの痛さで寝込んでしまうという方も多いようです。

 

 

日常生活に支障が出てしまうほどの重度の生理痛は「月経困難症」と言います。

 

月経困難症は特に子宮が未成熟である10代の女性に多く見られるようです。

 

 

20代になっても生理通が酷いような場合には、「プロスタグランジン」というものが原因ではないかと言われています。

 

あまり耳にしないプロスタグランジンは、子宮内膜から分泌される成分で、出産時に陣痛を引き起こすための物質です。

 

 

これらの女性特有の悩みは「女性だから仕方がない」と諦めている人も少なくないでしょう。

 

けれども、低用量ピルを服用によって月経困難症の軽減効果が認められています。

 

 

低用量ピルといえば避妊のための薬だというイメージが強いですが、避妊効果だけでなくその他の効果もあるのです。

 

月経困難症の軽減というのも、その他の効果の1つです。

 

低用量ピルを長期間飲むことでだんだんと出血量が減っていきますし、ナプキンの使用量も減ったという報告もあがっているようです。

 

 

また、低用量ピルを服用することで骨粗しょう症を予防できるという思いがけない効果もえられるのだそうです。

 

女性は閉経とともに骨量が大幅に減ってしまうため骨粗しょう症になるリスクが高まるのだそうです。

 

 

これは女性ホルモンの作用が影響しています。

 

低用量ピルにはエストロゲンを補充する作用があり、骨密度の減少を予防する効果へと繋がるのだそうです。