低用量ピルのさまざまな副効果

低用量ピルのさまざまな副効果

正しい使用方法を守ることでほぼ100%の効果がえられる低用量ピルには、避妊効果以外にも女性の体のためになる様々な効果があるんですよ。

 

 

低用量ピルの主成分は女性ホルモンです。

 

その女性ホルモンの働きによって、毎月の月経の周期が規則正しく整えられます。

 

 

例えば、海外旅行と月経の日程が重なってしまうと、生理通や不快感などでせっかくの旅行も満喫できませんよね。

 

また、まだ月経の予定では無かったのに旅行先で思いがけず月経になってしまうというケースもあるでしょう。

 

女性特有の悩み事ともいえるでしょう。

 

 

そんな時に活躍するのが低用量ピルです。

 

低用量ピルを服用すると月経周期が整えられ、きちり28日周期となります。

 

なので次の月経がいつになるかも予測しやすいいですし、月経を避けた外出や旅行の予定が立てやすくなります。

 

 

また、低用量ピルはガンになる可能性が高くなるという噂もありました。

 

そん噂を一度は耳にしたことがあるという方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

けれども最近の研究では、低用量ピルの服用はむしろガンになる可能性を低くする効果があるということも分かってきました。

 

 

特に卵巣ガンについては、服用しているか否かで40~50%もリスクが異なってくるという報告もあります。

 

卵巣ガン以外にも子宮体ガンのリスクが低くなったという報告もあり、さらに大腸ガンのリスクも低くなるという報告があります

 

避妊効果だけでなく女性にとってメリットである効果がえられる低用量ピル。

 

正しく服用し女性の味方となってもらいましょう。