国内で最も使われている低用量ピル

国内で最も使われている低用量ピル

「トリキュラー」という低用量ピルが日本国内では使われることが多いようです。

 

トリキュラーには21錠タイプと8錠タイプの2種類があり、主に服用されることが多いのは28錠のタイプです。

 

 

ちなみに、21錠と28錠タイプのものは数が違うだけで、効果や効能が異なるわけではありません。

 

28錠は欠かさず飲むことで習慣づけられるというだけで、最後の7錠は偽薬になっています。

 

慣れれば数の少ない21錠の方が持ち運びに適しています。

 

 

「トリキュラー28」は紙のパッケージに入っていて、錠剤と共にシールが入っています。

 

 

曜日が書かれているシールが入っていて、シールを貼ることで曜日ごとに飲む錠剤が一目で分かるようになっています。

 

たとえば火曜日が飲み始めであれば火曜日のシールを最初に貼ります。

 

 

また、どの低用量ピルにも使用説明書が一緒に入っているので説明書には必ず読んでおきましょうね。

 

 

低用量ピルを初めて服用する場合には、2~3周期にかけて不正出血が出ることがあります。

 

驚くかもしれませんが、低用量ピルを継続して飲んでいくうちに収まりますので心配しなくても大丈夫です。

 

 

継続的にピルを飲んでいると、やがて生理の周期が整ってきて28日間隔になります。

 

なので旅行やイベントなど生理が来てほしくない日にちに合わせて、生理をずらすこともできるようになりますよ。

 

生理がきてほしくない日があるのであれば、逆算して低用量ピルを上手に活用するといいでしょう。

 

 

また、低用量ピルを飲んでいれば確実な避妊ができますが、服用を中止することでまた妊娠が可能になります。