低用量ピルに関する思い込み

低用量ピルに関する思い込み

低用量ピルは欧米などでは広く認知されていますが、まだまだ日本国内では知名度が低いというのが現状です。

 

そのため、低用量ピルについて誤った思い込みや認識を持っている方もいるようです。

 

 

低用量ピルは、避妊だけでなく様々な嬉しい効果をもたらしてくれます。

 

中には女性特有の悩みや症状を改善してくれることもあるのです。

 

 

低用量ピルを使うと体重が増加してしまう、という話を耳にしたことがあるという方もいるようです。

 

けれども国内で行われた臨床試験では、プラスマイナス2キロ程度の体重の増減があった人達ばかりだという結果になりました。

 

その結果から、低用量ピルの服用と体重の増加は関係が無いということが判明しました。

 

 

ピルの服用と体重増加の噂は、昔のピルによってホルモン量が増加して太ることがあったという事実からできたようです。

 

現在ではピルも改良が進み改善されているため、低用量ピルを服用しても体重が増える心配はありませんよ。

 

 

また、低用量ピルを服用することで酷かった生理痛が楽になるという話もあります。

 

これは確かな効果として認められており、酷かった生理痛がラクになったという声も多くあがっています。

 

これは低用量ピルによってホルモンのバランスが調整されたからです。

 

 

そして生理中の出血量が低下した・生理通の痛みが軽減されたという話もよく耳にします。

 

生理に関する痛みや血の量などで悩まされている方にとって、低用量ピルは効果のある薬だといえます。

 

 

低用量ピルは自分とは無縁だというイメージを抱いている方もいるかもしれません。

 

しかし、さまざまな病気の治療にも使われていますし、避妊だけでなく女性特有の悩みや症状に恩恵があるということを覚えておきましょう。