低用量ピルとガンのリスク

低用量ピルとガンのリスク

低用量ピルを服用することで乳ガンの発症リスクがあがるという副作用が出る、と思っている人は日本では少なくないようです。

 

お医者さんの中にもそのように考えている人がいるのが事実です。

 

 

しかし近年の研究で、低用量ピルによる乳ガン発祥のリスクが高まるというのは誤りだと報告されています。

 

長い間低用量ピルを服用し続けたとしても、乳ガンの発症率増加は見られなかったのです。

 

 

そもそも、乳ガンの発生リスクは、低用量ピルを使用しているかしないかに関わらず高まってきているのが現状です。

 

国内における乳ガンの発症率は、数年前は25人に1人程度でしたが、近年では20に1人と、発症率があがっています。

 

アメリカではさらに発症率が高く、8人に1人という高い確率です。

 

現状のままだと日本もアメリカのような高い確率に達するのではないかと懸念されています。

 

 

乳ガンは増えつつあるという現状からも分かる通り、比較的多いといえる病気です。

 

知り合いや家族といった周囲が乳ガンにかかってもおかしくない確率だと言えます。

 

乳ガンにおいて大事なことは、定期的にしっかりと検診を受けるということです。

 

最低でも必ず年に1回は乳ガン検診を受けるのがいいでしょう。

 

 

また、乳ガンだけでなく子宮頸ガンのリスクについても考えておく必要があるでしょう。

 

子宮頸ガンは以前までは年齢を重ねるごとにかかりやすくなると考えられていましたが、現実的には年齢は関係ないということが分かってきました。

 

子宮頸ガンでも大切なのは定期検診をしっかり受けるということでしょう。

 

 

早期発見することができれば早期治療が可能となります。

 

子宮頸ガンも乳ガンも、面倒だと思ってもきちんと定期検診を受けることをオススメします。