低用量ピルに含まれている女性ホルモン

低用量ピルに含まれている女性ホルモン

高い避妊効果のある低用量ピルには、2種類の女性ホルモンが人工配合されています。

 

 

その2種類の女性ホルモンのひとつが、エストロゲンと呼ばれるものです。

 

エストロゲンは、生理が始まってから排卵する直前までのだいたい12日間前後に多く分泌されるという特徴があります。

 

妊娠中運のように子宮にたくさんの血液を集めたり、卵子の成熟を促すなどの働きがあります。

 

 

もうひとつがの女性ホルモンが、プロゲステロンです。

 

こちらは生理期間中の後半に多く分泌されるもので、子宮の中の組織の成熟を促し、体温をあげるなどの働きがあります。

 

しかし、低用量ピルに配合されているホルモンは、体内で生成されるホルモンの構造とは分子の構造が根本的に異なります。

 

 

そのため、体内にあるホルモンと似たような働きをするにはするけれども、別な作用が働くこともあるのです。

 

この別な働きというのが、皆さんご存知の副作用です。

 

根本的に分子構造が異なっているので、体内にあるホルモンと違う効果がでたり、良い効果だけでなく逆の効果が現れたりもするのです。

 

 

そして、人工の女性ホルモンというのは、体が“異物”だと判断してしまうこともあり、排出がスムーズにいかないケースもあります。

 

それらの副作用については低用量ピルに限った話ではなく、そのほかの薬物でも共通して起こりうることなのです。

 

分子構造が少し異なるだけでも、人間の身体に多大な影響を及ぼすこともあるのです。

 

 

低用量ピルの服用で挙げられるリスクを回避するためにも、正しい服用方法を守ることが重要です。

 

決して自己判断で用法用量を変更したりせず、必ず医師の指導に従って低用量ピルを服用しましょう。