静脈血栓症発症への対策

静脈血栓症発症への対策

低用量ピルで得られる利のは避妊効果だけではなく、副作用におけるリスクも数字は低いですが決してゼロではありません。

 

女性特有の症状や悩みに効くということで低用量ピルを利用している女性も増えていますが、良い面だけでなくリスクがあるということも知っておきましょう。

 

 

そのリスクとして一番に挙げられるのが、静脈血栓症でしょう。

 

低用量ピルを使うにあたってメリットとリスクについても知っておく必要があります。

 

メリットやリスクについて十分に考慮した上で服用しなければなりませんから、以下の点について今一度考えてみてください。

 

 

まずは静脈血栓症の具体的な症状について知識を得ておきましょう。

 

 

静脈血栓症が一体どのような症状なのかを知っていれば、医療機関受診のタイミングが掴みやすくなるでしょう。

 

静脈血栓症は早期発見・早期治療・早期発見ができれば重症化を防げるので、静脈血栓症の症状らしきものが現われたら早急にに医師を受診しましょう。

 

 

血栓症では、ふくらはぎの突然の痛みや、胸を押しつぶされそうな痛みが現われますし、その他にも激しい頭痛や舌のもつれや視界不良いうような症状があります。

 

低用量ピルを服用し始めてからこれらの症状が見られた場合には、まず服用を中止し早急に病院にいきましょう。

 

 

また、患者携帯カードを常に持っておくと便利ですよ。

 

低用量ピルの服用が医師に迅速に伝われば、早期発見や治療もスムーズになるでしょう。

 

症状によって話すことが困難な場合には低用量ピルの服用を伝えられないケースもあるでしょうから、患者携帯カードを持っておきましょうね。