低用量ピルの静脈血栓症のリスクについて

低用量ピルの静脈血栓症のリスクについて

低用量ピルは月経困難症や子宮内膜症の治療に有効だとして活用されています。

 

重かった生理痛が軽減したというメリットもあり、女性特有の悩みに聞く薬として重宝されています。

 

 

しかし、この低用量ピルには副作用があり、副作用の一つとして静脈血栓症のリスクがあるということも覚えておきましょう。

 

生理痛に有効だとして使われていた低用量ピルですが、ヤーズ配合錠というピルで死亡者が出たという報告もあがっています。

 

死亡に至る確率はとても低いのですが、決してゼロではないということも覚えておきましょう。

 

 

低用量ピルが原因で血栓症発症のリスクが高まる人には条件があります。

 

 

まず挙げられるのは喫煙者で、特に毎日15本以上ものタバコを吸う方です。

 

喫煙は様々な病気の原因ともなりますが、静脈血栓症のリスクも高まります。

 

 

そして年齢を重ねていくとリスクも高まっていきます。
40歳以上の人はリスクが高めとなりますよ。

 

 

以上の条件にあてはまる方は「相対的禁忌」に分類されます。
相対的禁忌であれば、十分な注意を払うことで低用量ピルの利用自体は可能となります。

 

けれども、35歳以上1日15本以上のタバコを吸う喫煙者は、低用量ピルは使えません。

 

これは「絶対的禁忌」に分類されており、低用量ピルの利用自体が禁止されているのです。

 

 

その他にも、軽い高血圧だという方や肝障害・心疾患・腎疾患などの病気をお持ちの方も相対的禁忌に分類されるので、低用量ピルの利用には十分な注意が必要となります。

 

 

また、血栓症のリスクは低用量ピルを服用してすぐ高まるわけではなく、服用を開始してから数ヶ月間がリスクが高い状態になると言われています。

 

そのため、中断や再開を繰り返すような、リスクの高まる時期を何度も過ごすような服用の仕方はオススメできません。

 

 

医師の指導を守れば有効である薬も、誤った使用方法が原因となって思わぬトラブルが発生することがあるということも理解しておきましょう。