低用量ピルによるガンのリスク

低用量ピルによるガンのリスク

確実性のある避妊方法ということで日本でも少しずつ市民権を得はじめているのが低用量ピルです。

 

コンドームと比較しても断然成功率が高いですし、また女性の自主性によって避妊ができる方法なので、低用量ピルを使う方も増えています。

 

 

低用量ピルの服用において注意しておきたいのが、低用量ピルにおけるリスクです。

 

 

まずリスクとして挙げられるのが、乳ガンの発生リスクです。

 

低用量ピルの服用で乳ガンのリスクが高まるのではないかと思っている方も多いようですね。

 

乳ガンのリスクが高い家系だと自覚している方の中には、あえて低用量ピルの服用を避けるようにしているという方もいらっしゃるでしょう。

 

 

けれども意外なことに、低用量ピルで乳ガン発生のリスクが高まるというのは明らかにされていません。

 

2005年改訂の日本産科婦人科学会が、低用量ピルと乳ガンについて、明らかではないと報告しています。

 

しかし因果関係がゼロだとも言えませんので、定期的に乳ガン検診を受けたほうがいいでしょう。

 

 

さらにあげられるリスクが、子宮ガンが発生のリスクです。

 

子宮ガン発生のリスクには条件があります。
低用量ピルを10年以上という長期間にわたって服用することで、子宮ガンの発生リスクが増えるという報告があるようです。

 

5年未満の服用であればリスクもごくわずかなものですが、服用期間が10年以上になるとリスクは2倍程度まで増えるといわれています。

 

そこで、子宮頸ガンのスクリーニング検査というものを定期的に受けてくと早期発見に繋がりますね。

 

 

低用量ピルには、避妊をはじめとする様々な効果があります。

 

不正出血の頻度も減りますし、生理痛の軽減も報告されています。

 

リスクとメリットを把握して予防策などもしっかりとたててから服用することが重要です。