低用量ピルを服用する際の注意

低用量ピルを服用する際の注意

数ある避妊方法の中の一つである低用量ピルは、国内でも少しずつですが普及しつつあります。

 

 

低用量ピルの効果は避妊だけでなく、そのほかにも様々な効果をもたらします。

 

女性ホルモンが主成分となっているためホルモンバランスを整えてくれますので、月経困難症などの治療でも用いられています。

 

 

しかし、効果のある低用量ピルでも服用する際の注意点があります。

 

特に注意しておきたいのが低用量ピルの副作用としてあげられる、血栓症のリスクがあるという点です。

 

 

低用量ピルに含まれているエストロゲンが肝臓で作用することによって、血液を固めるという働きが高まります。

 

血液を固めようとする働きによって血栓が血管に詰まりやすくなってしまいますし、最悪のケースだとは死に至ることもあるのです。

 

 

血栓症の兆候をあげると、酷い頭痛や、視力の低下目、ふくらはぎのむくみや痛みといったものです。

 

ピルの服用中にこれらの兆候が現われたら、すぐに担当医師に相談しましょう。

 

 

血栓症は、早期発見・早期治療で治すことができる病です。

 

症状に気づかず受診・治療が遅れてしまうと重症化の恐れがありますので注意しなければなりません。

 

 

用法用量を正しく守り服用することで低用量ピルの副作用は抑えることができます。

 

たとえば、抗ガン剤治療でも血栓症のリスクがありますが、抗ガン剤治療と比較しても低用量ピルでの血栓症のリスクは低めですよ。

 

リスクを最小限にするためにも、医師の指導の下用法用量を守って服用することが大切です。