女性の味方となる低用量ピル

女性の味方となる低用量ピル

皆さんは「低用量ピル」についてご存知ですか?
一般的にあまり知名度が高いとは言えないものだと思います。

 

 

低用量ピルは経口避妊薬で、副作用を抑制するためにホルモンの量を必要最低限まで抑えてある薬です。

 

正しく利用することで高い効果が得られ、確実とも言える避妊をすることができます。

 

 

低用量ピルで得られる効果は避妊だけではありません。

 

女性の多くが悩まされている月経痛を軽減させる効果があり、女性特有の病気である卵巣ガンや子宮体ガンの予防効果もありますし、月経不順を改善する効果もあります。

 

 

初めて低用量ピルを利用する時には、個人差がありますが副作用があることも覚悟しておくといいでしょう。

 

吐き気や頭痛やむくみといった副作用が見られるようですが、低用量ピルに体が慣れるまでの副作用なので、時間の経過と共に解決するケースがほとんどです。

 

また、副作用の一環として不正出血もみられるケースもありますが、不正出欠もだいたい数日程で収まるというのが一般的でしょう。

 

 

低用量ピルで多くの人が不安に思うのが、服用を中止して子作りをしたいという時に、ちゃんと妊娠できるのかどうかということだと思います。

 

妊娠をできるだけ避けたいという時期もあれば、子供が欲しいと思う時期もあるでしょう。

 

 

低用量ピルの服用した経験があったとしても、使用を中止して排卵があれば、妊娠は可能です。

 

むしろ、低用量ピルは感染症を防ぎ不妊の原因を減らしてくれるので、場合によっては低用量ピルを服用する前よりも妊娠できる確立があがるともいえるのです。

 

 

比較的副作用も少なめで確実性は高い女性にとって嬉しい低用量ピルは、正しい服用を守れば心強い味方になるでしょう。

 

 

バイアグラ愛知県シアリス レビトラのed治療薬の処方病院