低用量ピルの飲み方 服用の方法と飲めないケース

アフターピルはドラッグなどの市販では購入されておらず、医師の処方による購入となっています。しかしネット通販であれば、個人輸入業者や海外の業者などから購入することができるのです。その上、医師から購入すると「ノルレボ」と、低用量ピルより女性ホルモンが強い中用量ピルの「プラノバール」の二つしかなく、効果の高い「ノルレボ」の場合、1回分が10,000円~15,000円程度と、とても高額になります。ネット通...

アフターピルは現在日本では未承認薬剤です。そのためドラッグなどで簡単に手に入れることはできません。医療機関での処方が必要となり、現在はプラノバール錠とノルレボ錠の2種類となっています。この2つは日本では唯一承認されている、緊急的に使用するための避妊薬となっているのです。どちらも病院の医師の指導を受けて購入することが必要となります。扱ってない病院もあるので、まず電話をして確かめることをおすすめします...

アフターピル自体にたくさんの女性ホルモンが含有しており、それによって体内の女性ホルモンを急激に増やします。そして人工的に生理を起こさせます。避妊の失敗や妊娠したくない突発的なセックスがあった場合、すぐに72時間(薬剤によって違います)の間に飲むと、避妊の可能性が高くなるというものです。逆にいうと72時間過ぎると吐き気などが強くなり、吐きだしてしまうこともあり、当然妊娠の可能性も高くなります。それで...

アフターピルと低用量ピルのどちらも失敗することがありますが、この二つのピルの失敗例はだいぶ違います。まずアフターピルの場合、飲んだときに吐き気や嘔吐を感じるときがあります。アフターピルの特徴的な副作用は、嘔吐によって飲んだアフターピルを吐きだしてしまうことなのです。アフターピルは合成された女性ホルモンが含有しており、急激に女性ホルモンのバランスを一時的に変える効果があります。だからこそ性交の後でも...

アフターピルと低用量ピルの、生理への影響の違いについてご紹介します。まず低用量ピルを飲むことで、体を妊娠状態にするため避妊するわけですが、それは生理不順や過月経の症状を緩和する効果もあるのです。そのため避妊だけでなく、生理不順や生理痛に苦しむ人などの治療のために医師によって処方されることもあり、欧米でも生理トラブルの治療薬として使用されています。アフターピルの場合は、ホルモンバランスを急激に崩すた...

性行為がおわってしまってから避妊をしたい場合に摂取する、緊急的なアフターピルは体重増加の不安はあるのでしょうか。また日常的に避妊をする低用量ピルの場合はどうなのか。体重増加について、この二つのピルの違いを考えてみましょう。まずアフターピルの場合は、副作用は個人差がありますが、副作用がなくなるのに2日~1週間かかる場合があります。急激にホルモンバランスを人工的に崩すため、副作用が出ている期間、吐き気...

ピルには低量量ピルの他、中用量ピルやアフターピルなどがありますが、特に日常的に避妊をする人や、月経困難症などの緩和に使用する低用量ピルについての価格や種類の違いなどのご紹介です。「ヤーズ」は保険適用で1シート(28日分)で2,250円(税別)。機能性月経困難症の治療薬で、生理による骨盤痛、頭痛、腹部痛などにも効果がありますが、避妊には使われません。「ルナベルLD」は1,850円(税別)。機能性月経...

現在避妊薬というと日常的に避妊をする場合、低用量ピルが主流となっています。しかし思わぬことで避妊ができなかったとき、性行為のあとに服用することで避妊効果が高いといわれているアフターピルが使われています。アフターピルは現在日本で購入できるのはプラノバールとノルレボの2種類となりますが、これらの価格の違いなどをご紹介しましょう。プラノバールは中用量ピルですが、アフターピルとしてずっと使われています。ま...

現在一般的に日常的に避妊をする人は低用量ピルの服用が主流となっており、緊急の避妊という場合はアフターピルの服用が主流とっています。この二つのタイプの服用法には、どのような違いがあるのかなどご紹介しましょう。まずアフターピルは避妊をせずに行った性行為で、避妊を希望する場合に服用されます。現在日本で手に入るのはプラノバール錠とノルレボ錠の2種類となり、それぞれ用法が違ってきます。プラノバノールはもとも...

アフターピルや低用量ピルを使用すると、出血が見られることがあります。そんな出血の理由の違いなどについてのご紹介です。アフターピルは避妊に失敗したときに、性交渉の後に服用するピルです。効果は100%ではありませんが、妊娠を阻止する可能性はとても高いといわれており、人工的にホルモンバランスを崩すため副作用もあると言われています。性交渉の後、生理を起こさせるというもので、人工的に無理に女性ホルモンをコン...

緊急避妊のためにはアフターピル。日常的にしっかり避妊するなら低用量ピルが主流になっています。ピルの歴史や、この二つのピルの流れの違いについてのご紹介です。1950年代アメリカでは、人工妊娠中絶が繰り返されていました。当時の運動家マーガレット・サンガー女史などは、このようなことから女性を守るために、女性が自分で避妊をすることができるよう、避妊用具のペッサーリーを普及させる運動などを行っていました。つ...

アフターピルと低用量ピルは、それぞれ使用するタイミング、服用方法なども違い、当然効果も違ってきます。アフターピルは、もともと日常的に使用するためのピルではありません。ピルはもともと女性の意志で、女性が主導でできる避妊のための方法です。アフターピルももちろん女性の意志ですが、性交渉を女性の意志でなく行うことになってしまった場合などは、性交渉の後で女性の意志で避妊をすることのできるピルです。そのため、...

低用量ピルも日本ではドラッグストアなどでは購入することができず、医師による処方のみの購入となります。しかし実際にはネット通販などで自由に、さまざまな低用量ピルが購入できるのが現実です。ただしネット通販であっても、個人輸入業者だったり、海外にある業者からの販売となります。そのためわたしたちが、もし低用量ピルをネット通販で購入しようとすれば、このような業者から購入することになります。しかし医師からの指...

低用量ピルもアフターピルも避妊のために服用するものですが、服用の理由は違います。低用量ピルは日常的に避妊をするもの。アフターピルは避妊できなかった性交渉の後で、すぐに摂取して避妊するものという別の目的です。しかし不妊確率はとても気になるところです。まず低用量ピルは生理初日から飲むことが条件です。1日遅れてしまったら、飲み始めから2週間後からしか避妊効果はありません。そのためきちんと服用をしなかった...

今、避妊のためのピルというと、低用量ピルが主流となっています。そんな中、中用量ピルとの違いはどのようなところなのでしょう。中用量ビルはアフターピルなどとしても使われています。低用量ピルと中用量ピルの違いは、人工女性ホルモンの含有量にあります。特に避妊や生理不順、生理痛、出血が多いなどの場合にも、低用量ピルで緩和が期待されているのです。含まれている女性ホルモンはとても少ないので、副作用が少なく、しっ...

アフターピルは緊急避難的に使用するピルで、日常的に使用するものではありません。逆に低用量ピルは避妊のためには、日常的に使用することが重要です。この二つのピルの目的は避妊であっても、使うタイミングがまったく違います。アフターピルの効果はとても便利なものですが、やはり副作用、体への負担などが多いことから日常的に使用するものではありません。まずアフターピルと低用量ピルの成分の違いは、アフターピルの代わり...

避妊として世界中で主流になっているのがこの低用量ピルです。副作用が弱く、効果がしっかりしているところが人気となっています。また避妊に失敗したときには、セックス後72時間や120時間(商品による)の間に飲むと、避妊率がとても高いアフターピル。どちらも生理が来ますが、その時期は違います。まずアフターピルの場合は、避妊をせずにセックスした場合でも避妊ができるというもので、例え受精してしまっても、急激に生...

低用量ピルのみの場合と、アフターピルとの併用した場合との違いについて考えてみましょう。低用量ピルとアフターピルを併用するときは、低用量ピルを飲み忘れてしまったタイミングに、避妊をせずにセックスをしてしまったというようなときに使う手段です。低用量ピルを飲み忘れたタイミングでセックスをしたため、すぐにアフターピルを併用して飲んだという人もいますが、この場合は焦らずに低用量ピルを何日間忘れたかを考えまし...

緊急避妊薬であるアフターピルや、避妊ピルとして人気の高い低用量ピル。この二つを使用するにあたって、どのような意識を持って服用すべきなのか。アフターピルと低用量ピルの意識すべきことの、違いについて考えてみましょう。まず低用量ピルの使用するときの意識についてのご紹介です。低用量ピルの場合は避妊をしたいという目的だけでなく、生理不順の改善、生理痛の緩和、不妊治療にも使用する場合があります。服用するときの...